「PKDの会」会則



第1章  総則
(名称)
第1条  この会は、PKDの会と称する。
(組織・目的)
第2条  本会は、多発性嚢胞腎を持つ者が、病気に関する知識を深め、適切な自己管理と心豊かな生活を維持する為、互助の精神の下、会員相互の交流を図ることを目的とする。
(所在地)
第3条  本会の活動拠点は、会長宅に置く。
(活動)
第4条  本会は第2条の目的を達成する為に、次の活動を行なう。
     1)勉強会の開催(年1回以上)
     2)会員相互の情報交換
     3)その他本会の目的達成に必要な活動

第2章  会員
(会員)
第5条  本会の会員は、次の通りとする。
     1)会員
     2)賛助会員
第6条  会員とは、本会の目的に賛同し、別に定める会費を納めたものをいう。
第7条  賛助会員とは、本会の目的に賛同する個人、又は団体で、役員会の承認を得たものをいう。
第8条  会員は、次に定める所定の会費を納めなければならない。
     1)会費は、4千円とし、年度初めに収めるものとする。
          (旧:定例会において、参加費として納める3千円を以って会費とする。)
(入会)
第9条  新たに本会の会員になる者は、役員会への申し出によるものとし、入会は随時とする。
(退会)
第10条  会員の希望により、役員会への申し出により自由に随時退会できるものとする。
      尚、次に該当する時は、役員会の議決により退会させる事が出来る。
      1)1年以上、事務局からの問い合わせに連絡のないとき。
      2)本会の名誉を著しく傷つけたとき。
      3)会員として不適当と認められる相当の理由のあるとき。

第3章  役員
(役員の種別)
第11条  本会には、次の役員を置く。
      1)会長     1名
      2)副会長    1名
      3)事務局長   1名
      4)会計     1名
      5)理事     若干名
      6)監事     若干名
(役員の任免)
第12条  役員は、総会において選出し、会員から承認を得るものとする。
(役員の任期)
第13条  役員の任期は、2年とする。但し、再任を妨げない。
(役員の職務)
第14条  役員は、次の任務を遂行する。
      1)会長は、本会を代表し、会務を統括する。
      2)副会長は、会長を補佐する。
      3)事務局長は、事務的な会務を遂行する。
      4)会計は、本会の財務を遂行する。
      5)理事は、上記役員を補佐し、会務を円滑に遂行する。
(顧問)
第15条 1)本会は、必要に応じ顧問を置く事が出来る.
      2)顧問は、本会員に対し、各々の専門的な立場から助言を与える個人で本会より委嘱する。

第4章  総会及び役員会
(総会の招集)
第16条 1)総会は、定時総会及び臨時総会とする。
      2)定時総会は、毎年1回開催し、会長がこれを招集する。
      3)臨時総会は、役員会の決定又は会員の三分の一以上から請求があった時会長が招集する。
      4)総会の議長は会長がこれにあたる。
(総会の議事)
第17条  総会の議事は、出席した会員の議決権の過半数で決め、可否同数の場合は議長がこれを決める。
(総会の決議事項)
第18条  総会は、次の事項について、審議決定するものとする。
      1)会の予算並びに運営計画に関する事項
      2)会の予算並びに運営報告に関する事項
      3)会則の改廃に関する事項
      4)役員の選出に関する事項
      5)その他会長が必要と認める事項
(役員会)
第19条  役員会は、必要の都度、会長が招集し、議長となる。
(役員の議事)
第20条 1)役員会は、役員の過半数以上の出席をもって成立する。
      2)役員会の議決は出席者の過半数の意見による。
        但し、可否同数の場合は会長がこれを決める。
(役員会の議決事項)
第21条  役員会は、次の事項について審議決定する。
      1)総会に提出する議案
      2)総会の決定に基づく運営の具体的な推進に関する事
      3)その他会務の円滑な運営に関する事項

第5章  部会
(部会)
第22条  本会の運営を円滑に遂行する為に、部会を置くことができる。
(部会活動)
第23条  前条の部会活動に関しては、別に定める「運営要綱」による事ができる。
第6章  会計
(運営年度)
第24条  本会の運営年度は、4月1日から3月31日までとする。
(経費)
第25条  本会の運営費は、会費、積立金、その他の収入とし、会計がこれを管理する。
(会計監査)
第26条  会長は、毎年決算報告書を作成し、会計監事の監査を受けなければならない。

第7章  事務局
(事務局)
第27条  1)本会に事務局を置く。
        事務局は会長或は役員宅とする。
(業務)
第28条  事務局は、会長の直接指揮、監督のもとに、次の業務を行なう。
      1)年間運営計画並びに予算計画案の作成に関すること
      2)年間収支決算書並びに活動報告書の作成に関すること
      3)役員会並びに総会で決議された事項の具体的運用に関すること
      4)会費の請求並びに領収に関すること
      5)資産の運用、管理に関すること
      6)各種帳簿、証票の管理に関すること
      7)各部会との調整に関すること
      8)各種運営、会議等の記録に関すること
      9)その他本会の運営遂行に必要な庶務事項全般

第8章  付則
(制定)
第29条  この会則は、平成8年5月18日より施行する。
      1)2002年6月22日に改正、施行する。但し、第8条(会費)は次年度より施行する。
      2)2010年5月30日に第8条を修正し、2011年度より施行する。