P K Dに関するQ&A2002 ・・・もとのページに戻る・・・

注1)本資料は米国のPKDFにより発行されたQ&A ON PKDをPKDFの許可を得て、PKDの会が翻訳したものです。
 2)ここに記載された情報に起因する損害または権利の侵害に関しては、PKDの会は一切その責任を負いません。

Copyright (C)2002 PKD Foundation

翻訳監修

大阪市立大学大学院医学研究科腎臓病態内科学助教授、医学博士・・・石村栄治
千葉東病院泌尿器科、医学博士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・香村衡一
大阪市立大学大学院医学研究科泌尿器病態学助教授、医学博士・・・・・杉村一誠
秀和綜合病院副院長、医学博士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・塚本雄介
真下腎・泌尿器クリニック院長、医学博士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・真下節夫
東海大学健康学部教授、保健学博士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・溝口満子
北里大学医学部泌尿器科講師、医学博士・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田一成
翻訳       PKDの会
価格      ¥2000+送料
                 半額(¥1000)はPKDの会からPKD Foundationに寄付いたします。
目次
1. 成人の多発性嚢胞腎
1.1. ADPKD遺伝子と蛋白:解明されていること..................8
1.2. 常染色体劣性多発性嚢胞腎(ARPKD)遺伝子の同定...........10
1.3. ADPKD患者の高血圧と臓器障害を治療する方法.............13
1.4. 診断/遺伝学..................................16
1.5. 腎臓以外の発症................................26
1.5.1. 肝臓と胃腸..................................26-30
1.5.2. 脳動脈瘤と嚢胞................................31-34
1.5.3. 高血圧.....................................34-39
1.6. 腎臓における発症................................40
1.6.1. 感染症と結石.................................41-43
1.6.2. 蛋白尿と血尿.................................43-44
1.7. 妊娠、避妊、閉経................................45
1.8. 腎不全、透析、 移植..............................47
1.9. 食事、薬、外科手術、運動...........................57
1.10. 疼痛.......................................75
1.11. 一般情報....................................78
2. 子どもの多発性嚢胞腎
2.1. ADPKD/ARPKD.................................80